スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

結婚記念日

6月22日。
今日は結婚記念日でした。

数えてみると9周年。
知り合ってからは16年。
二人で親元離れ京都に出てきてからは14年が経ちました。

友達同士の付き合いから始まったので、今でも友達同士のような感覚で、毎日一緒に過ごしています。

結婚するきっかけは、パパが大学の研究室の教授に博士課程に進まないかと誘っていただいたのがきっかけ。学生生活が長引きそうだったので、いっそのこと学生結婚してしまった方が、合理的だという結論になったからです。

結婚したとき、私は診療所で受付の仕事をしており、お給料も頂いていましたが、贅沢出きるようなお金は持っていませんでしたし、パパも学生でしたので、もちろん有り余るお金なんて持っていませんでした。

二人の貯金通帳を合わせて、なんとか新しいアパートの敷金と礼金を払い、二人がけの小さなダイニング用のテーブルと椅子を2脚、カーテンや敷物を買ったら通帳の残高は5000円になりました。

こんな状態だったので、婚約指輪も結婚指輪もありません。

二人で相談して、結婚式はせず、それでも1枚ワンピースのスーツを買って、二人で少々改まった格好をして区役所に婚姻届を出して、平安神宮にお参りに行きました。お賽銭を投げて神様に「よろしくお願いします。」と二人で手を合わせて。それで十分でした。

両親が、結婚写真は撮っておいた方が良いのではと言ってお金を出してくれ、白無垢とドレスの写真を撮って頂きました。今から結婚式を挙げる予定はないので、その時可愛らしい写真を撮ってもらって、本当に感謝しています。

結婚してから何年か経って、「結婚指輪、買おうか。」と憧れていた高島屋のティファニーで結婚指輪を選びました。店員さんは「日付とイニシャルをお入れします」と言ったけど、日付はもう過ぎてしまっていたので、イニシャルだけ入れていただきました。

仕事上でも診療所の先生、奥さんがとてもよくしてくださり、感謝の仕様がありません。お二人は自分達が若い頃、あなた達みたいな状況だったから、そんな時沢山の人が助けてくれたから、いいんだよ、と。私たちに恩返しをしたいと思ったら将来、あなた達が若い人達を助けてあげなさい。それが恩返しだから。とおっしゃっていました。

しゅんを妊娠し、出産した時、パパは博士論文の真っ最中でした。
パパの両親も主人が学生の間、金銭的に支え続けてくださり、大学の教授の先生も、パパが外でアルバイトをするくらいなら、と学校でアルバイト料を出せるよう、仕事を下さったり。
パパの両親、自分自身の両親を含め、沢山の方から頂いたご恩は数知れず。

皆、これからの世代の方にお返しさせて頂くつもりです。

無事、博士を頂き、就職もさせて頂き、家族も増えました。
色々な経験をさせて頂いておりますが、
今は子育てという大きな仕事の真っ最中です。

私達夫婦、こんなやり方で作ってきた自分達の歴史を誇りに思っています。

お父さん、お母さん、私達は幸せです。

|2007.06.23 Saturday|家族comments(11)trackbacks(0)|by nao

パパの出張

実はここの所約2週間パパが日本、アメリカと立て続けに出張に行っていたため、二人の子供とママの三人で過ごしていました。

今日無事パパが帰ってきてほっとしているところです。

日本でもパパが1週間や2週間出張って事は良くあったのですが、さすがにイギリスでパパがいない生活は不安でした。何かあったら全部自分で対処しないといけないし、私の責任になるし。鍵だけはなくさないよう、困ったことがあったら誰かに助けを求められるよう、鍵と携帯を毎日首から提げていました。

パパの留守中、二人の子供に励まされ、たくさんの友達に助けられました。

パパが出かけた初日、冷蔵庫空っぽなので買い物に行かなくてはいけなかったのですが、どのスーパーに行こうか迷っていました。二人の子連れでは、どこも皆車で行かなくてはならない程遠いのです。

候補は2つのテスコ。一つはニューマーケットという所にある割と近くのテスコ。もう一つはバーヒルというところにある、ちょっと遠いけど、品揃えが多く、ガソリンスタンドもあるテスコ。

ガソリンもカラカラだったので、バーヒルまで行って買い物をしてガソリンを入れてくるのがベストだとは思っていたものの、バーヒルに行くには高速道路のようなところを通らなくてはならず、そのスピードが怖いのと、まだ(パパのナビ無しで)一人で運転していった経験がなかったので、心の中で出来れば避けたいなあという思いがありました。

一応子供に「どこに行こうか〜?」と聞いてみると、二人とも「バーヒル!」困ったな〜と思いながら、「ママ、まだバーヒルに一人で運転していったことないんだ〜」と言うと、「え!?一人で行ったことないの?じゃあ挑戦してみなくっちゃ!」という答え。
はっとわれに返りました。

「そうだ、挑戦してみなくっちゃ。」

子供に励まされて、バーヒルテスコに一人で運転して行けて、ちゃんと一人でガソリン入れられて(セルフなんです)ちゃんと家に帰って来れたときはちょっと感動でした。

それがきっかけになったのかどうか、それからのパパのいない生活はとにかく挑戦!って感じで忙しくなりました。パパがいない分、自分がしっかりしなくちゃいけないし、英語からだっていつまでも逃げているわけにはいかないし。

結果、学校でも、サークルでもお話を出来る友達が増えてきました。肝心の英語はまだまだ。でも、英語が出来なくても友達って出来るんだ。英語力はその次でいいんだ〜といった感じ。

友達が英語がぐんと上達するのは英語で生活を始めて3ヶ月〜6ヶ月くらいの時って言っていました。ちょうど今私はその時期。今頑張ったらもう少し上達できるのかも知れない。このチャンスを逃さないよう、頑張ろうと思う。

子供達の励ましのお陰で、ぶち当たっていた壁を一つ乗り越えられたようです。

もちろん子供達はいつもそんな良い事ばかり言ってくれるはずもなく、今日もママに「自分のことくらい自分でしなさ〜い!」と怒られていたのですが…。

|2007.03.03 Saturday|家族comments(2)trackbacks(0)|by nao

デート

けいは今日はナーサリーの日。
私にとってはシンデレラタイムをもらえる日です。


フィッツウイリアム博物館シンデレラタイムに、fitzwilliam博物館に行こうとパパを誘いました。

子供が生まれてから夫婦二人でお出掛け出来るチャンスはほとんどなかったので、ちょっと新鮮。

二人で「凄いね〜」といいながら展示物を見て回りました。
フィッツウイリアムにはエジプトのミイラの石棺や(エジプト時代より新しいものですが)布にぐるぐる巻きにされたミイラもいるのです。
それからピカソやモネ、ルノワール、セザンヌの絵も見られます。

夫婦で同じものを一緒に見て時間と知識を共有するのって良いな〜。
ケンブリッジにいる間にまた時々シンデレラタイムにデートしようと約束しました。

|2007.01.26 Friday|家族comments(3)trackbacks(0)|by nao

おめでとう。

今日はけいの4歳の誕生日。

そして、しゅんがお兄ちゃんになった記念の日。

だから、けいちゃんもおめでとう。
しゅんくんもおめでとう。

けいが選んだ誕生日のプレゼントは赤ちゃんのお人形。寝かせると目を閉じるやつ。
本当は妹が欲しいけい。
けいは赤ちゃんのお父さん、しゅんはおじいちゃんになって二人で洋服を着せ替えたり抱っこしたり、ミルクを飲ませてお世話をしている。

嬉しいお客さんも来てくれました。

大好きなお友達、大好きなおねえさん。
けいの為に寒い中きてくれてありがとう。

4年前は赤ちゃんだったのに。
ママに抱っこされてばかりの甘えん坊さんだったのに。
「けいはもう4歳なんだから」と
「けいはまだ4歳なんだから」と微妙な言葉を使い分けるようになったけい。
明日からも元気に遊ぼうね。

1歳8ヶ月でお兄ちゃんになっちゃったしゅん。
まだまだ小さかったのに良く頑張ったね。
あの日、病院にお見舞いに来てくれたしゅんは急に大人びて見えたよ。


今日はけいの4歳の誕生日。

そして、しゅんがお兄ちゃんになった記念の日。

けいちゃん、しゅんくん、おめでとう。
|2007.01.24 Wednesday|家族comments(7)trackbacks(0)|by nao
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ