<< Public Open Nights at the Institute of Astronomy | main | Red Nose Day >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

箱作り

毎週木曜日の午前中、小学校にお手伝いに行っている。
とはいっても今日が2回目。

子供達は人懐っこいし、先生もいい人なのでとっても楽しい。

今日は先生から「しゅんがよく作っている箱の作り方を子供達に教えてあげてくれないかしら〜?」と頼まれごとをしてしまいました。

もちろん「いいですよ〜」

もう直ぐ母の日なので箱を作って模様をつけて、カードを書いてカードを箱の中に入れてプレゼントしたら素敵ね〜という先生のアイデアらしい。

初めて折り紙をする子供達に折り紙を教えるのはちょっと大変なのですが、作っているときのちょっと不安そうな顔が出来上がったときに一気にほころぶのが見られるのでとっても楽しい。

すっかり箱作りのとりこになってしまった子もいて、2つも3つも作って先生に怒られている子も。
それから「お母さん喜ぶといいね。」というと「お母さんに上げないもん。これは私の!」なんていう子も。

たいして英語も喋れない私ですが、役にたったのなら良いのですが。。


|2007.03.16 Friday|イギリスの小学校comments(5)trackbacks(0)|by nao

スポンサーサイト

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント
お手伝い、偉いです。どんどん飛び込んじゃえー。 こっちの子どもは面白いですよね。 単純というかのびのびしてるというか(笑) 土曜日のJapanDayで、和太鼓の演奏があったのですが 会場の子ども達が急に踊り出したのにびっくりしました。 水墨画の教室も折り紙教室も、みんなすっごーく真剣なんですよ。 都会の子だとまた違うのかもしれないけど、みんな純真でまっすぐで 抱きしめたくなっちゃいました。子どもって面白いね。
shibako|2007/03/16 8:07 AM|
とりこになった子もいたんだ。何か嬉しいね(^-^)v 折り紙はステキな日本の文化だもんね♪
|よーた|2007/03/16 11:45 AM|
 折り紙の箱がイギリスに普及しはじめたのですね。あれはいろいろ使えて便利ですね。折り紙の発想は、いろいろな分野で役に立つと思うのです。箱作りのとりこ!すてきです。
|マダムS|2007/03/16 6:01 PM|
naoさん すごーい!! 小学校に行ってボランティアをしてる人は、私の知ってる人でもいるけど、皆さんイギリス生活の長い人ばかりですよ。 イギリスライフ、満喫していらっしゃるようで 素敵ですね。
|すずらん|2007/03/16 6:38 PM|
☆しばこさん 偉くはないんですよ〜。物好きなだけで。 小学校はとにかく楽しいのです。しゅんが初日から楽しんで通っているのが納得できます。 ☆よーたちゃん そうそう、何回も、「教えて〜」って言ってきたり、自分でもう一回なんて挑戦したり、嬉しかったな。 先生ものりを使わないで箱が出来るなんてびっくりしていました。 日本の文化は素敵ねえ。 ☆マダムSさん そうそう、本当に便利。 コタツに当たりながら落花生を食べて、カラは広告で作った箱に入れて捨てたりしてました。今でも(ナイフで鉛筆を削るのですが)削りカスは広告で作った箱に入れて捨てています。。ってゴミ箱としての使い方ばかり。。 ☆すずらんさん 凄くないって。本当に。 英語も対して使えないから外国人に外国の面白いことを教えてもらっているくらいな感じなんでしょうねえ。 だって、日本にだって日本語使えない外国人が先生になってきているじゃない?英語がわからないからって小さくなっている必要はないのよね。 自分らしく行きましょうねえ。 -----
nao|2007/03/17 5:52 AM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
新しい記事
コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ