<< 春よ来い! | main | Bumped Head >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

英語が出てきた

子供が仲良しのお友達と遊んでいたときのこと、一緒にいたお母さんが「しゅんくん、英語出てきたね。」と言ってくれました。

そういわれてみれば、時々英語を使っているような。

"That's cheating."「ずるい〜」
"Put that back."「戻してよ〜」
"Stop it!"「やめてよ〜」

思いつくものを並べるとなんだかケンカしているときに使うようなものばかりだけど、ちゃんと仲良く遊びながら使っているのです。。(自己主張する言葉ってケンカにならないために大事なのかな?)

それから、文にならなくても「しゅんのあのおもちゃはもうbrokenやろ?」などと英語交じりの関西弁になったり。
段々ルー大柴さんの日記キャッチキャッチキャッチhttp://mycasty.jp/louooshiba/みたいになってきた。

他に気がつくのは色々な所に書いてある言葉を意味も分からず読むようになったこと。
この前はテスコのトラックに
"You buy. We drop."って書いてあるのを読んで、「どういう意味〜?」って聞いていた。
フォニックスを習っているから知らない単語も読めるのですね。

しゅんが英語を理解できるようになる様に私が手助けしていること。大体以下の通りです。

まず、学校から借りてくるリーディングの本はしっかり読ませます。最初の頃はたどたどしく読んでいたのに、今では初めて読む本も自分でなんとなく読めるように。

それから、スペリングの練習。学校で2〜3週間に一回6個の単語を覚えてくる課題が出されます。とっても簡単なものばかり。これは確実に覚えます。なので学校でスペリングのテストをしてもちゃんと書けるので自信が持てるのですね。
学校でもらってくる課題の他に、覚えておいたほうがいいだろう〜って単語も少しずつ。例えばone,two,…,tenや色、季節など。ある程度書く法則が分かってくると、自然に書ける単語が増えてきます。

もう一つ、学校でもらってくるリーディングのほかに、子供用の辞書を読ませています。
例えばこんな感じ
apple An apple is a round, crunchy fruit.
簡単な単語に絵と簡単な説明がついています。
目的はボキャブラリーを増やすことと、簡単な文に慣れさせる事。

ヒアリングは学校生活にお任せ。
自分ではほとんど先生や友達の喋っている事を理解しているつもりらしいです。実際は全部分かっているとは思えないのですが、「あ、何言っているか分かる〜」って思える瞬間が増えたって事でしょう。でも、「凄いね〜、先生の言っていること分かるようになったんだ〜」自信をつけさせる言葉かけを行っています。(おだてて木に登らせてる?)

こんな努力が実ってか、今日学校から賞状のようなものをもらってきました。クラスの先生が時々、よく頑張っている子供を表彰するらしいです。賞状には「リーディングのレベルがアップしたね」って書いてありました。先生もちゃんと見ていてくれて、評価してくれているのですね〜。嬉しい。

自分でも話し始めると聞き取りの方も上手くいくようになりもっと言いたい事を言えるようになるのではないかと期待しています。
過度の期待をかけないよう、ゆる〜く頑張ります。


|2007.03.21 Wednesday|子供の英語comments(4)trackbacks(0)|by nao

スポンサーサイト

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント
しゅん君は知らない単語も読めるなんてすごいですね! これもnaoさんが家でちゃんと支えてあげているおかげですね☆ この時期にイギリスの学校で学べるのは、とってもうらやましいです♪
|あっちゃん|2007/03/21 8:39 AM|
やっぱりお家できちんと親が手助けをするって大切なんですね〜。 naoさんのブログを読んで、我が家も夕食後ちょっとだけ いろいろ練習させるようになりました。ファルファベットを 書かせたり、フラッシュカードでひらがなカタカナを覚えさせたり。 でも、やっぱり小さい子の集中力は続かず大変です(笑)。 >過度の期待をかけないよう、ゆる〜く頑張ります。 これ私も肝に銘じるようにしてます〜。
Tom|2007/03/21 6:49 PM|
すごいですね。子供ってのは、同じくお母さんもすごいと思います! 子供って、はまるとすごいことになりますよね。ひらがなからいつの間にか、カタカナが分かっていたり、足し算ができるようになったりですもんね。あとは、トーマスのキャラクターをほとんど全部暗証できたりと、、、、。 親の私は頭に全然入らないのにね。
|ほのぞう|2007/03/21 10:01 PM|
☆あっちゃん 知らない単語を読んで「どういう意味〜?」と聞いてきます。もちろん読み方を間違えているときもあります。 日本語でも、ひらがなを覚え始めた子供が、その辺に書いてあることを読んで「どういう意味〜?」と聞きますよね。それと同じみたい。 周りに英語があふれていると目にする機会が増え慣れてくるみたいです。 ☆Tomさん 実際教室の中で授業のお手伝いをしていると出来る子供と出来ない子供の差が激しく、それは家でのフォローの違いに結びつくんだろうな〜なんて思います。 教科書がないので何をしてあげたらよいのかつかみにくいのですが、子供が「今日こんなことやった〜」ということをきっかけに、復習すると良さそうです。 イギリスに住んでいたら英語は自然に身につきそうですが、日本語を教えるのは結構努力が要りそうですね。 絵本や、興味を持ちそうな漫画、魅力的な雑誌等(ママのでも!)さり気な〜く置いておいて「これなんて読むの〜」と読みたい気持ちを起こさせる作戦も将来的に使えると思います。 ☆ほのぞうくん そう!はまる、つまり子供が興味を示したときがチャンスなんです。やる気のないときにいくら教えても嫌がるだけだもんね〜。 興味を持ったら自分から覚えて行きます。 トーマスキャラ、ポケモンキャラもまさにそんな感じですね。 友達がこんなことを言っていました。 「子供ってスポンジのようにどんどん吸収しちゃう。でも、スポンジも乾いてないと吸収できないから。」 そう、大人の頭は乾いていないんですね。つまり興味を持てていないって事かな。分からない言葉とかあっても子供だったら「どういう意味〜?」って聞く所を大人は「わかんないなあ」で終わりにしちゃう。その辺の考え方を子供に習ってみると私達の頭ももう少し柔らかくなるかも…。 -----
nao|2007/03/22 5:14 AM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ