<< 素敵なおもてなし | main | 幼児教育(モンテッソーリ教育)についての講演会(告知です) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

結婚記念日

6月22日。
今日は結婚記念日でした。

数えてみると9周年。
知り合ってからは16年。
二人で親元離れ京都に出てきてからは14年が経ちました。

友達同士の付き合いから始まったので、今でも友達同士のような感覚で、毎日一緒に過ごしています。

結婚するきっかけは、パパが大学の研究室の教授に博士課程に進まないかと誘っていただいたのがきっかけ。学生生活が長引きそうだったので、いっそのこと学生結婚してしまった方が、合理的だという結論になったからです。

結婚したとき、私は診療所で受付の仕事をしており、お給料も頂いていましたが、贅沢出きるようなお金は持っていませんでしたし、パパも学生でしたので、もちろん有り余るお金なんて持っていませんでした。

二人の貯金通帳を合わせて、なんとか新しいアパートの敷金と礼金を払い、二人がけの小さなダイニング用のテーブルと椅子を2脚、カーテンや敷物を買ったら通帳の残高は5000円になりました。

こんな状態だったので、婚約指輪も結婚指輪もありません。

二人で相談して、結婚式はせず、それでも1枚ワンピースのスーツを買って、二人で少々改まった格好をして区役所に婚姻届を出して、平安神宮にお参りに行きました。お賽銭を投げて神様に「よろしくお願いします。」と二人で手を合わせて。それで十分でした。

両親が、結婚写真は撮っておいた方が良いのではと言ってお金を出してくれ、白無垢とドレスの写真を撮って頂きました。今から結婚式を挙げる予定はないので、その時可愛らしい写真を撮ってもらって、本当に感謝しています。

結婚してから何年か経って、「結婚指輪、買おうか。」と憧れていた高島屋のティファニーで結婚指輪を選びました。店員さんは「日付とイニシャルをお入れします」と言ったけど、日付はもう過ぎてしまっていたので、イニシャルだけ入れていただきました。

仕事上でも診療所の先生、奥さんがとてもよくしてくださり、感謝の仕様がありません。お二人は自分達が若い頃、あなた達みたいな状況だったから、そんな時沢山の人が助けてくれたから、いいんだよ、と。私たちに恩返しをしたいと思ったら将来、あなた達が若い人達を助けてあげなさい。それが恩返しだから。とおっしゃっていました。

しゅんを妊娠し、出産した時、パパは博士論文の真っ最中でした。
パパの両親も主人が学生の間、金銭的に支え続けてくださり、大学の教授の先生も、パパが外でアルバイトをするくらいなら、と学校でアルバイト料を出せるよう、仕事を下さったり。
パパの両親、自分自身の両親を含め、沢山の方から頂いたご恩は数知れず。

皆、これからの世代の方にお返しさせて頂くつもりです。

無事、博士を頂き、就職もさせて頂き、家族も増えました。
色々な経験をさせて頂いておりますが、
今は子育てという大きな仕事の真っ最中です。

私達夫婦、こんなやり方で作ってきた自分達の歴史を誇りに思っています。

お父さん、お母さん、私達は幸せです。

|2007.06.23 Saturday|家族comments(11)trackbacks(0)|by nao

スポンサーサイト

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント
結婚記念日、おめでとうございます。 彼が博士課程のとき アルバイトはしないけど養ってくれと言われましたが 私は、契約社員だったので先行き不安で 断りました。 その後、無事彼が就職し、旦那様になりましたけど。 学生結婚したnaoさん、尊敬します。 私もあのとき、勇気さえあったら何とかなったのかな? これからもお幸せに!
yukiho|2007/06/23 9:03 AM|
おめでとうございます^^ 結婚記念日だったんですね♪ 改めて振り返る結婚生活、 色々と苦労もあったのでしょうが、今「幸せです」 って胸を張って言えるnaoさんに感動! これからも、ずーーーーっと家族仲良くしていて下さいね^^/
おく|2007/06/23 1:35 PM|
結婚記念日おめでとうございます。読んでいて目頭あつくなりました。 暖かいご家族・人々に囲まれていたからこそ今の朗らかで しっかり者のnaoちゃんがいるのね。 日々の生活、大変なこともあると思いますが、 初心を忘れず優しい旦那様、可愛いしゅんくん&けいくんと共に 素敵な歳を重ねていってください。
yurio|2007/06/23 5:33 PM|
 naoさん、おめでとうございます。これからも、お幸せに! PCの故障でメールアドレスが消えてしまいました。一度メールください!
|マダムS|2007/06/23 6:09 PM|
結婚記念日おめでとうございます! 昨日お会いしたのに知らなくて何も言えなかった…。 教えてくださいよ〜。 親切の循環、私も見習いたいと思います。 どうぞこれからも楽しく幸せな家族の歴史を紡いでください。
|vodka|2007/06/23 9:43 PM|
☆yukihoさん 私の場合、私が養ったという感覚はなかったんです。結婚することで金銭的なメリットもありましたし。 いつも一緒にいたので、結婚したらちゃんと二人で同じ家に帰ることができるのが嬉しかったですね。 結構主人の同業者には学生結婚の人が多くて、みな似たような境遇をくぐりぬけて来たんだな〜なんて思います。 yukihoさんのご主人にとってもyukihoさんの存在が大きな励みになったのではないでしょうか?結婚は一つの形でしたが、強くこだわる必要もないんだと思います。 yukihoさんもいつまでもお幸せに! ☆おくさん ありがとうございます☆ こう書き並べてみるとなんだか凄く苦労したような感じですね。 実際常に大変だな〜と思って生きてきていますが(今もです)それを苦労とは感じないのです。 大変だな〜と思いながらずっとちいさな幸せを感じていられたらいいですね。 ☆yurioちゃん そんな、、感動するほどの事は何もないのよ〜 1日いちにちを大事に、時に山があったり谷があったりする人生を過ごしていけると良いですね。 ☆マダムSさん ありがとうございます! 今の世の中、PCが故障すると何かと不便ですよね。 数年まではこれほど依存していなかったのに、時代の流れは速いですね。 後ほどメールをお送りします。 ☆vodkaちゃん ありがとうございます! そうなんです。あの時はすっかり忘れていました。 朝起きたときは覚えていたのですが、日中はすっかり忘れていて、夜パパに「覚えている〜?今日結婚記念日だよ〜。」って言われてしまいました(笑) 人に優しくしてもらうと優しくなれるんですね〜。 私も頂いたご恩をしっかり覚えていて、自分ちゃんと人に恩返しができるような大人にならなくては。。
nao|2007/06/24 8:46 AM|
ステキなお話しで… 感動してウルウルしちゃいました(T_T) いっぱいいろんな方にお世話になった分、いやそれ以上をこれからゆっくりお返しできると良いですね〜
トン|2007/06/25 1:57 PM|
おめでとぅござぃます^^♪ 出会いから今まで〜 長いよぅな短いよぅな???なのでしょぅか〜 毎日楽しく信頼しあっとっての仲良しご夫婦で〜 これからもぃろんなことがあるでしょぅけど〜 お二人で歩いてこられたこれまでの全部が基盤となって〜 な〜んでも乗り越えられてのよぅな気がします〜 ず〜っと仲良く〜^^
kaori4|2007/06/25 3:33 PM|
☆トンさん いまだ多くの人に助けられて、お世話になって生活していますが、 そうですね。ゆっくり、少しずつ頂いたもの以上をお返していけたら幸せですね。 ☆kaori4さん 高校時代からの付き合いというと周りからは「長いね〜」 といわれるのですが、自分達はそんなに長いとも思って いなくて。 まさに長いような短いようなです。 何時までも友達のような夫婦でいられたら良いと思っています。
nao|2007/06/25 5:39 PM|
naoさん、はじめまして。nekoといいます。 現在、学生である彼氏との入籍で悩んでいるときに、このページにたどり着きました。(書き込む時期が、かなり遅れてしまっているので、読んでいただけるかわかりませんが・・・) 私と彼の出会いも、naoさんと同じ高校時代です。私はストレートに地元の大学へ、彼は浪人の末、県外の大学へ。4年間の遠距離恋愛を経て、現在6年のお付き合いをしています。私の就職が決まり、来春から一緒に暮らす予定なのです。 彼の夢は、研究職に就くことで、大学院に進学する予定です。私は、来春から医療者になります。 学生結婚(私は来春就職するので、彼だけが学生ですが。)は世間の風当たりが厳しいと聞いたりもしますが、お二人の愛の形も、やはりすてきだな、と感じました。 私たちも、入籍することの合理性を考えると、入籍してもいい時期なのでは・・・と思うのですが、入籍していることが、将来、彼の就職の際の妨げにならないか心配なのです。 (アドバイスをいただこうという大それた気持ちはないのです。ただ、この気持ちを誰かに伝えてみたかっただけなんです。)
|neko|2007/10/21 10:27 AM|
☆nekoさん 始めまして。 書き込みありがとうございます。 学生結婚に対して、世間の風当たりは意外と暖かいものです。 研究者に関して言えば、むしろ学生結婚はごく普通で、客観的にみても、就職のときに不利になることはないと思います。 入籍も、結婚式も、これが自分達のスタイルなんで〜、と自信を持って臨んで下さい。 応援しています。 -----
nao|2007/10/21 2:58 PM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ