<< ありがとう | main | 小学校、最終日 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人のミュージカルを見に行って来ました。

the phantom or the opera

夜7時半からの夜の公演。

ストーリーも知らず、チケットも友達にとってもらい(凄い人気!満席でチケットをとるのも大変)、ほとんど下調べもせず。。あらすじも説明してもらい。全て友達にお任せ状態で、申し訳ない。。

場所はロンドンのHer Mahesty's Theatre
劇場に入ると座席と舞台の近さに驚き、セットされた舞台を見ているだけでドキドキ。
意味ありげに「白鳥」「シャンデリア」「オルゴール」と書かれた布に隠されている物体は一体何?
le cygne白鳥に関しては今思い出してもどんな意味があったのかわからず。。

歌声、演技、音楽、舞台の仕掛け、演出、どれもこれも豪華で派手で、それでいて切なくて。
終始息を飲んで見入っていました。

http://www.youtube.com/watch?v=_FmGtCIOwB4&NR=1

ミュージカルのもちろん良かったけど、友達とそれを見にいけたこと、それも嬉しかった。
いつか別れがくることがわかっているから、一緒に過ごせる時間がとても大切に思える。

以前は近くにいる友達と、いつでも会えると思ってしまいがちだったことに気づいた。
日本に帰ってからももっと一回一回友達と過ごせる時間を大切にしようと思う。

|2007.07.20 Friday|日記comments(2)trackbacks(0)|by nao

スポンサーサイト

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント
私も同じミュージカルを観たことがあります。 言葉よりも、演技でストーリーが分かる程度でしたが、楽しめたと思います。白鳥、シャンデリア、オルゴールなんてまったく気づいてませんでしたよ。 大切に時間を使えて何よりですね。どうも時間を浪費してしまいがちですもんねー。
|ほのぞう|2007/07/21 10:02 PM|
☆ほのぞうくん 私も台詞はほとんどわからず。音楽と演技と演出を楽しみました。 白鳥、シャンデリア、オルゴール、とフランス語で書いてあって、フランス語の辞書を持っていたのでひいてみたのです。オルゴールに関しては「la boite a musique=音楽の箱」って何のこっちゃ?と思いながら見始め、なるほどオルゴールかぁ。と。英語でもmusic boxなんですね。 家に帰って調べてみるとオルゴールの語源はオランダ語のorgelだそうで、勉強になりました。 子供が生まれてからミュージカルなんて行ってなかったけど、たまにはそんなのもいいかなと。思いました。 日本に帰っても時々夜遊びに行こうと、一緒にいってくれる人を募集中です。 -----
nao|2007/07/22 5:23 AM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ