<< アフタヌーンティー | main | 水遊び >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

餃子とおにぎり

同じフラットに住んでいる中国人の女性。
以前彼女に頂いた手作り餃子が驚く程美味しかった。

これは是非作り方を教えてもらわなくてはと
彼女の家にお邪魔しました。

彼女はおにぎりの作り方を教えて欲しいと言う。

それなら今日のお昼ご飯は餃子とおにぎりに決定。

餃子は本を見たり、インターネットでレシピを
検索したりしながら何度か皮から作ったことが
ありましたが、中国人の方に教えてもらうのは
初めて。

鮮やかな手つきで皮を作り、具をつめる。

「美しい。」

お母さんもいらして、一緒に餃子作り。
さすが、お母さんはこれまた一味違った
熟練の技を見せてくれる。

あつかましく、前から謎だった、
肉まんの皮の包み方まで教えてもらう。
クルクルクルと可愛らしい肉まん風餃子。

私も真似してやってみる。
何度かやるうちにコツがわかり、
我ながらなかなかの出来上がり。

ぎょうざ

そして、餃子に関するあれこれも
教えてもらいました。

・中国では旧正月のときに餃子を食べます。
 それは餃子の形が月の形に似ているから。
 (餃子のみを食べるんだそう)

・餃子はおかずではなく、主食なんだそう。
 日本のおにぎり、
 西洋のサンドイッチみたいな感覚かな。

なるほど〜。
日本での餃子のイメージとは大分違うぞ。

そしておにぎり作り

「おにぎりの作り方を教えて」
と聞かれたときは、え、ご飯を丸めるだけ。
と、思ったけど、これも立派な日本食。

鮭を買ってきて、
前日から塩を振って冷蔵庫に入れ塩鮭を作る。

鮭を焼いて、
ご飯を炊いて、
ご飯は温かいうちに、
お水で手をぬらし、
塩を手につけて、
お茶碗半分くらいのご飯の
真ん中に鮭を置いて、
クルクルクルと回しながら
三角の形を作る。

海苔を切って、
三角のおにぎりの底辺に中心が来るように
包む。

小さい頃から作っているから、何のことはないけど
初めて作ると、この三角の形がなかなか難しい。

それは餃子作りも同じ。
中国では小さい頃から誰でも作る家庭料理
なので、なんのことなく綺麗な形を作り上げてしまう。

お茶を飲みながら、桜の花の話になったので、
桜の花と戦争の事について少しだけ話をする。

「中国の人は桜の花が嫌いかも知れない。」

と私が言うと、

日本に留学していた経験がある彼女は

「中国の人も、桜の花が好きです。
 日本の桜はとても綺麗。
 それに日本の人は私にとても親切にしてくれました。
 ここに住んでいても日本の人はとてもいい人」

と言ってくれた。

そして、二人で

「戦争はいけない事ですね。」

と。

テレビの中に見る政治の世界が嘘のように感じられるほど
私がケンブリッジで出合った人はどこの国の人も
本当に親切で優しい。

それは本当に私の狭い世界の中での事なんだけど。


|2007.08.08 Wednesday|ケンブリッジからcomments(4)trackbacks(0)|by nao

スポンサーサイト

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント
餃子よく作ります。具は中国でも、ニラ、ひき肉、キャベツかな?ぜひ、教えて! ↓それから、スコーンじゃなくて、英語では、正確にはスコンなのですう。私はいつも癖でスコーンといってしまうんだけど。
|マダムS|2007/08/08 2:18 AM|
☆マダムSさん 餃子の具は にんじん(目の粗いチーズおろしみたいなので細かくしたもの) ニラ(5ミリくらいに刻んだもの) 牛肉ミンチ でした。 別バージョンで、 白菜(水分が出てよくないので、塩を振って水分を出しよく水切りする) しょうが ネギ 豚肉ミンチ と教えてもらいました。 具を混ぜるときは箸で混ぜるのです。 塩やごま油、醤油などを加えながらよくよく混ぜます。 私は今までベチョベチョ手で混ぜていましたが、これなら ちょっと楽に作れるなと思いました。 そして↓ スコン。伸ばさないのですね。 私も日本に帰ったら作ってみよう。
nao|2007/08/08 5:25 AM|
ありがとうございます。早速ためしてみます。 スコンについて、私からのアドバイス。  注1 冷蔵庫から出したバターを、グリンピース大に切って小麦粉の中に落とす。それをフォークでつぶし、粉にまぶす。さらに軽く手のひらでてばやくまぜる。あまり丁寧にしなくてよい。   注2  スコンは、液体(卵と牛乳)の加減がむずかしい。分量を量っても、やはり、一度に全部いれないこと。(湿度や温度、卵の大きさによって違うから) 注3 こねるのではなく、大きいおにぎりを握るような感じでまとめる。 注4 たっぷり強力粉を振っておいた台に置いて、厚さ2cmくらいに伸ばす。手早くやってください!多少の粉っぽさは、OKです。というか、まわりは、大福のように粉にまぶした状態。  暑いときはバターが柔らかくなってしまうので、涼しいときに作ること!  
|マダムS|2007/08/08 7:42 AM|
☆マダムSさん ありがとうございます。 マーガリンみたいな柔らかいバターではダメですね。 日本に帰っても夏の間は無理そう。 涼しくなってから試してみます。 -----
nao|2007/08/08 3:25 PM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ