スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

イタリア語

前にも書いたのですが、しゅんは小学校でイタリア語を習ってくる。
どうもそれは必修でやっているのではなく、どなたかのお母さんが(しゅんのくらすではなさそうです)好意で教えてくださっているようです。

イタリア語でアルファベット、数字、挨拶なんかやっているんだな〜なんて思っていたら、
これは「グラン」やな〜。
なんていってきた。「大きいことやで〜」

昨日もイタリア語の授業があったようなので、「何やった?」と聞くと「どうぶつ〜。でも忘れた〜。」

フムフム。こうなってくると親にも欲が出てくる。
せっかくイタリア語を習っているのなら日本に帰ってからも覚えたことをキープさせてあげたい。
せめて、アルファベットと数字、簡単な挨拶、色くらいを覚えておくだけでも、いざ大人になって本人がイタリア語の勉強を再開しようと思ったとき楽なのではないか?などと都合の良い事を考える。

子供用のたのしい絵本やピクチュアディクショナリーなんかあるのかな?それからビデオやCDなんかあると耳から聞けていいよね。

あくまでも遊び感覚で使えるイタリア語の教材を探してみたい。

|2007.05.09 Wednesday|イギリスの小学校comments(8)trackbacks(0)|by nao

Red Nose Day

今日はレッドノーズデーということで、しゅんの学校では「dress up(仮装)してきて50p寄付しよう」という試みが行われた。

しゅんは特にいつもと変らない服装で出かけていったのですが、周りのお友達がスパイダーマンやらスーパーマン、忍者、プリンセスになって学校に来ていることにびっくり!
けいは自分がたまたまかぶっていた機関士の帽子を取り、しゅんに渡し、「しゅん〜これかぶったらいいよ…。」しゅんも自分だけいつもの服装で浮いていると感じていたらしく「けい!ありがとう!」とけいにお礼を言って、早速変身。
友達に"I am an engine driver!"と言って回っていた。やれやれ。

ところでレッドノーズでーってなんのこっちゃやら?
イギリスでは次から次えと不思議なイベントが催される。
面白いことをして、募金活動をしよう。集まった募金は恵まれない子供の為に使おう!ってチャリティのようです。


レッドノーズしゅん
レッドノーズドライバーしゅん

レッドノーズデーについて、詳しくはこちら↓

http://www.rednoseday.com/

所で今朝事務的な用事で日本の幼稚園に電話をかけました。事務の先生の他、担任の先生ともお話が出来、私も子供達もとっても嬉しかったです。

先生と話した後のしゅんとけいの足取りは軽くまるでスキップするように走って学校へ行きました。

しゅんが学校へ行ってしまうと少し寂しくなったけい。「ママ、今日夕方みんなお家に帰って来たら皆で日本に帰ろう…。けいは日本の幼稚園が好きだよ。」
色々な所に大好きな人がいっぱいのけい。日本に帰ったら今度はイギリスにいるお友達のことが恋しくなるのだろうな。もう少し、皆でイギリスで頑張ろうね。

|2007.03.17 Saturday|イギリスの小学校comments(2)trackbacks(0)|by nao

箱作り

毎週木曜日の午前中、小学校にお手伝いに行っている。
とはいっても今日が2回目。

子供達は人懐っこいし、先生もいい人なのでとっても楽しい。

今日は先生から「しゅんがよく作っている箱の作り方を子供達に教えてあげてくれないかしら〜?」と頼まれごとをしてしまいました。

もちろん「いいですよ〜」

もう直ぐ母の日なので箱を作って模様をつけて、カードを書いてカードを箱の中に入れてプレゼントしたら素敵ね〜という先生のアイデアらしい。

初めて折り紙をする子供達に折り紙を教えるのはちょっと大変なのですが、作っているときのちょっと不安そうな顔が出来上がったときに一気にほころぶのが見られるのでとっても楽しい。

すっかり箱作りのとりこになってしまった子もいて、2つも3つも作って先生に怒られている子も。
それから「お母さん喜ぶといいね。」というと「お母さんに上げないもん。これは私の!」なんていう子も。

たいして英語も喋れない私ですが、役にたったのなら良いのですが。。


|2007.03.16 Friday|イギリスの小学校comments(5)trackbacks(0)|by nao

アッセンブリ

「アッセンブリをやりますから来てくださいね」
と学校からのお便り。
アッセンブリってなんだ?集会?授業参観?保護者会?なんて思いながらいってみると…。


アッセンブリ

講堂に全校生徒が集まって、みんなの前にしゅんのクラスの子供達が並びました。それぞれ手に先日のクッキングデーの様子を写した写真や、そのときにやったアクティビティを持っていて、それについて一言ずつ話をしました。

しゅんは
"I enjoyed making and eating kebabs."
という台詞を先生に助けてもらいながら話しました。

私の隣にいたお父さんが、「やったね。」って言ってくれて嬉しくて、そうしたらまた別のお父さんが帰りがけにわざわざ私の所に来てくれて、「凄いよ。しゅん、上手にできたよ。英語が喋れないのにみんなの前で喋るっていうのは本当に凄いよ。」と褒めにきてくれました。

しゅんが頑張ったのも嬉しかったけど、そうやって声をかけてくれたお父さんの気持ちがとっても嬉しくって、後から声をかけてくれたお父さんの子供はしゅんの今一番の仲良しさんで、親子とも親切というか優しいというか、kindなんだな〜なんて思って、涙が滲んできました。

親子ともども英語頑張っています。

|2007.02.22 Thursday|イギリスの小学校comments(5)trackbacks(0)|by nao

クッキングデー

先日、各家庭にお手紙が配られました。

2月の19日にクッキングデーをやります。
色々な食べ物を作ったり食べたりするので忙しいので、手伝える人は手伝ってください。
ミルクシェイクを飲んだり、フルーツケバブを作ったりサンドイッチについて話し合ったりパンを焼いて食べたりします。


ちょっと、楽しそうじゃない?是非参加したいわ〜。でも、英語、自信ないな〜手伝っているつもりで足手まといになったらどうする?と思いながらも先生に参加したいことを申し出る。

そして、今日がクッキングデー。

クッキングデー


こちらが今日のスケジュール。一日中クッキングデーです(笑)

続きを読む >>
|2007.02.20 Tuesday|イギリスの小学校comments(5)trackbacks(0)|by nao

面談

昨日、学校で面談(担任の先生と保護者)がありました。

しゅんは毎日楽しそうに学校に行っているので、学校生活に対して親として何も心配はありません。
特に、しゅんは、日本ではまだ学校に行く時期ではないし、夏には日本の教育システムに戻るわけで、英語が理解できていないことは分かっているけど、それでも楽しいんだったらいいや〜自然に英語を覚えるのであればそれはそれでラッキー!くらいな非常にきらく〜な立場です。

面談の持ち時間は10分。
沈黙が続くと困るので、一応、少々質問を用意して行って来ました。

面談の部屋の前には子供の学校での活動が分かるようなノートや絵や宿題などがファイルされたものがそれぞれの子供別に置かれていて、それを見ながら待ちました。
家に持ってくる教科書やノートがないので普段学校でどんなことをやっているのか謎が多いのですが、それを見るとなんとなくつかめてきました。へ〜、意外にちゃんとやっているんだ〜といった感じ。

先生の話は大体以下のとおり。

Reading:Pink (Readingの本がグレード別に色分けされていて、しゅんが読んでいるのはピンクレベルの本だということ。とっても易しい本です。)
Writing:ボキャブラリーが増えてきてゆっくり上達しています。サポートがあると上手に出来ます。スペリングはファンタスティック。単語を発音どおりに書くことを理解しています。
Maths:数字の概念がよくわかっている(ファンタスティック)ただ、言葉が学ぶことの壁になっている。
その他:とても楽しく、自信に満ちた性格でクラスになじんでいます。時々座ったり、聞くことを忘れるのですが、言葉の問題でしょう。
絵を描いたり、作ったりするのがとっても上手です。粘土で魚を作ったときは素晴らしかったわ。


まあ、べた褒め。言葉が分からないのにこれだけちゃんとやっているという過大評価かな〜とも思うくらいです。これだけ先生が認めてくれているのでクラスの中にいても居心地が良いのでしょうね。
そんな感じだったので、「私もしゅんはいつも楽しそうだし、学校生活について何も心配していないのです」と報告してきました。

母も負けていられないな。

|2007.02.09 Friday|イギリスの小学校comments(0)trackbacks(0)|by nao

給食

昨日は小学校の給食を食べに行って来ました。
http://www.d1.dion.ne.jp/~naomio/essay200702.html

ハッキリ言って味もメニューも微妙
スプリングタームのメニューはこちらから
http://www.cambridgeshire.gov.uk/NR/rdonlyres/4B5B3E70-09DF-4211-A629-7E4B45EBB959/0/3toapagedated.pdf

week3のTuesdayです。

主菜の味は悪くはありませんでした。

副菜のお野菜はそのまま茹でるかオーブンで焼くかだけの調理だったのに驚きました。
味付けをするって事を知らないのかしら〜?
それとも素材の味をフルに生かして勝負しているの?
ま、しゅんが美味しいっていって食べているんだから良いのですけどね。(彼は味付け無しの野菜が小さい頃から大好き。小さい頃からオヤツはセロリとかニンジンスティックとか。)

それからメニューにはミートローフとトマトソース、と書いてあるのになぜかトマトソースは省略されていて、アイスクリームのチョコレートソースも省略さていました。(実際なくても充分ですが)メニューと実際に出されるものが少しずつ違う事もあるんだなあ。結構いい加減。

材料はどこかから決まったものを仕入れるのかも知れないけど、調理するのは学校ごとだから、調理する他人の腕によって出来上がりも変ってきそうですね。

一番心配だったのがデザートで、甘すぎるものをたっぷり食べているのではないかと思っていたのですが、意外に許せる感じ。

言いたいことはいっぱいあるけど朝はやっぱり忙しいし、給食はこれからも頼もうと思います。
でも今までフルに給食頼んでいたけど、週2回くらいはお弁当作ってあげようかな〜と思案中。
ちなみにパパの分は毎日、わたしとけいの分は週2回お弁当を詰めています。




|2007.02.08 Thursday|イギリスの小学校comments(4)trackbacks(0)|by nao

STAR

今日はしゅんがお友達からとっても嬉しい物を頂きました。

大きく星が描かれた紙にはこんな事が書かれています。

This week star person is Shun.
We think he is special because…

He plays with me.

He is kind.

He is working hard.

He smiles a lot.

He likes Thomas the tank engine.

He is funny.

同じクラスのお友達でないのですが、いつもいつもしゅんを助けてくれるお友達です。
自分で考えて書いたんだと言っていました。

しゅんが学校で楽しくやっているのがわかります。

そしてこれは学校でやった課題の一つなのだと思うのですが、こんな風にお友達の良いところ探しをして、それを表現して、そのお友達にプレゼントしたりしているんだな〜なんて感心しました。

|2007.01.27 Saturday|イギリスの小学校comments(6)trackbacks(0)|by nao

お買い物

小学校の算数でお買い物ごっこをやっているそうです。
Miss H's Toy Shopにお買い物という設定で(Miss Hというのは担任の先生=若くて背が高くて美人)、
色々なおもちゃが並び、12p 8p 30p等々値札がついているらしいです。

ちなみにpはペンス読むときは「ピー」と読むのが一般的なようですが、学校では「ペンス」と呼んでいるようです。
100p=1ポンド=約240円(高!)

4人ずつ座っている机の上にそれぞれコイン(おもちゃ?本物?)がおいてあり、自分の欲しいものの値段をチェックし、それが買えるだけのコインを探してお買い物に行くそうです。
例えば12pの飛行機が欲しかったら、10pコインと2pコインを探して持っていく。もちろん5pコイン2枚と1pコインを2枚持っていっても良い。

イギリスのコインは8種類1p,2p,5p,10p,20p,50p,1ポンド,2ポンド
慣れるまで、この8種類のコインを識別するのはちょっと難しい。

お買い物をするときは、まず
"Hello!"
そして
"This one please!"
なんてことも教わったそうです。

そして、しゅんは見事12pの飛行機をゲットできたそうです。

|2007.01.25 Thursday|イギリスの小学校comments(5)trackbacks(0)|by nao

いじめ?けんか?

昨日、学校からの帰り道にしゅんが言った。

「しゅんだってな、パンチされたってキックされたってがまんしてんねんで。」

え?ちょっとそれは聞き捨てならない。
今まで学校でいじめの問題に出会った事がないだけに急に不安になった。
藤原正彦氏の次男が学校でいじめにあい、ボコボコにされた話も手伝い、不安な気持ちは私の頭の中でどんどん膨らむ。

「誰にされたの?いつされたの?どうして?ふざけてたんじゃないの?どこで?誰もいないところ?誰か見ていた?誰も何も言わないの?」

こういった疑問が立て続けに湧き上がってきてそれを直接しゅんにぶつけるわけだからほとんど尋問状態。

その時の彼の答えをまとめるとこんな感じ。

同じクラスの男の子なんだけど、名前は分からない。
冬休み前にも一回パンチされたことがあるけど、いつもされているわけではない。
彼が他の子供を殴ったりしているかどうかは分からない。
突然殴られた。
今回は何回も殴られ、キックもされた。
一回はお昼ご飯が終わった後の休み時間、校庭で。クラスメートが見ていた。
もう一回は昼休み後のコンピュータで、音あてクイズをしている授業中。先生も見ていた。

先生や他のクラスメートの対応が気になり聞くが「分からない」との返事。

暗い寝室で抱っこをしながら話をしていたら、泣きはじめてしまった。

どうしちゃったんだろう?何かトラブルがあったのかな?英語が分からないからいじめられているのかな?
先生は分かっているのかな?先生に報告したほうがいいのかな?また暴力が続いたらどうしよう?
こういうときは想像はどんどん悪いほうへ向かうからコワイ。

パパも帰宅し、今日のことを話すと、「それは不安だね。どうしたら良いかな?」と顔色をかえる。

夕食時、当然のように再びその話題が持ち上がる。

「そんなときはStop it!とかDon't!とか言ったらいいんだよ。」
「先生にHe hit me!って言ったらいいんだよ。」
とか言っていると、
この時はしゅんももう落ち着いていて
「Stop it!っていったよ。○○もヤメロ!!って言ったしな。先生もDon't!っていってたで。」
と話し始めた。
なんだ、クラスメートも止めに入ってくれて先生もちゃんと注意してくれたんだ〜なんてちょっと安心。

パパが、「しゅん、良く耐えたな。いつもけいとケンカするときはすぐにやり返すのに」と言うと、

「しゅん、やり返したで。」

パパと私、顔を見合わせて!?
オイオイ!

確かにしゅんはやられっぱなしだったとはそれまで言っていなかったがやり返していたとは…。それは子供のケンカじゃないですか?天晴れと言ってやるべきかやり返したらアカンとたしなめるべきかちょっと悩むところではあるが一安心。

今朝、学校に行くと、クラスメート何人かが「しゅん、しゅん、こっちに来て遊ぼうぜ〜」と誘ってくれていて、しゅんも当然の様にそこに加わって楽しそうにブロック遊びをしていた。
先生も特に何かを気にしている様子もないし、ま、しばらく様子を見るかな。

またやられたら。どうしましょうね。折り紙でも折ってその子にプレゼントさせましょうかね?

|2007.01.18 Thursday|イギリスの小学校comments(2)trackbacks(0)|by nao
 
プロフィール サイト内検索
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
新しい記事
コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ