スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2009.04.22 Wednesday|-|-|-|by スポンサードリンク|

素敵なおもてなし

お友達が借りている家の広いお庭にラズベリーがいっぱいなっていると聞いて、ラズベリー摘みにお邪魔しました。

子供が学校、ナーサリーに行っているシンデレラタイム。

お邪魔したのは私を含め女性3人。

摘んでも摘んでも摘み切れないほどのラズベリー摘みにやや興奮。

ラズベリー摘みの後、そのお家の彼女がランチを用意してくれていた。

テーブルにはキャンドル。ピンクのリボンで結ばれたナプキン。

シャンパングラスには冷凍したラズベリーを浮かべたオレンジフィズ。

お皿に綺麗に並べられた前菜。

ああ、こういうの、忘れかけていたわ。

イギリスに来て以来かしら?
いえいえ、子供が生まれて以来だわ。きっと。
こんなに優雅な気分でランチを頂くなんて。

素敵なおもてなしにとても幸せな気分。

私もこんなおもてなしのできる女性になりたい。


|2007.06.22 Friday|ケンブリッジからcomments(3)trackbacks(0)|by nao

Magdalene Architects Party

昨日はパパの所属する建築学部のパーティがあるからとお誘いを受け家族で出かけました。

イギリスにしては珍しく給仕のお姉さんがにこやかに丁寧にシャンパンを持ってきてくれて、なんだか良い気分。

ケンブリッジの建築関係の人たちが集まっているようなのですが、パパはともかく私にとってはほとんど知らない人ばかり。

何を話しているのか知らないけど皆さん忙しそうに色々な方と話してらっしゃる。

私たちに寄ってきて話しかけてくれるマダムにその人が誰かもわからず必死で挨拶をする。後で聞けば先日バンプスにお邪魔した家の奥さんだとか。早く言ってよ。

初対面の人と、しかも相手が何者かいまひとつわからないおじ様、おば様と一体どんな会話をすればよいのか分からず、集中攻撃されては困るので、パパの隣にぴったりくっついて参加者の様子を眺めて楽しんでいると。

なぜか一組の夫婦が私たちのところへ寄ってきて、

「去年もここに来ていたよね?」

「え?いいえ。違います。。」

「でも僕、会ったことあるよ。」

良くわからないけど、日本の京都から来た事、去年10月からここに来た事、8月に帰ること、子供が二人いて、彼らの小学校の話なんかをした。

「小学校、火事があったの知ってる?」

「ああ、聞きました。この前新しい校舎が出来上がったお祝いのパーティがあってバンドが来て、ダンスしたんです。」
というと。

「ああ〜。そこで会ったんだ!僕もそこにいたんだよ。あいつがドラマーでさ。」

とおじさん、会場にいた別のおじさんを指しながらテンションがあがっている。
私も、ああ、そうだったんだ〜。と一安心。

「旦那は何やってるんだい?ロビン(今のパパのボス)の知り合い?」

と質問攻め。

「パパは〜。」
と見回すと遠くの方で子供と遊んでいる。

慣れないお酒を飲んで酔いが回ったのか急にフラ〜としてきてヤバイ感じ。そんなに飲んだつもりなかったんだけどな。

話の途中だったが、家に帰らせてもらうことにした。

もう少しお酒と英語に強くならなくちゃ。あ、英語でなくても初対面の人との会話をどうしたらよいのか悩んでしまう私。。人と話すのって難しい。

|2007.06.21 Thursday|ケンブリッジからcomments(4)trackbacks(0)|by nao

croquet

イギリスにはクロッケー(croquet)というスポーツがあります。
伝統的なスポーツなのですが、それを見たら日本人なら誰もが「ゲートボール…」とつぶやかずにはいられないでしょう。


クロッケー


グランドが芝生なのでで、心なしかゲートボールより優雅に見えますが…
(ウィキペディアのクロッケーの説明です↓超優雅な絵は必見です)
http://en.wikipedia.org/wiki/Croquet
多少ルールもゲートボールとは違うそうなのですが、基本的には似ているようで。。
というかそもそもゲートボールはクロッケーを元に作られたようで…

ああ〜、日本のおばあちゃん達をここに連れて来てクロッケーをさせてみたい!!イギリス人もびっくりするぞ〜なんて思うのは私だけでしょうか?
|2007.06.19 Tuesday|ケンブリッジからcomments(4)trackbacks(0)|by nao

bumps


バンプス

昨日はカレッジ対抗のbumps(ボートレース)見物にお友達に誘われてこちらの↓家のパーティにお邪魔してきました。上の写真はこちらのおうちの庭の一角から撮ったもの。写真に写っているのはこのおうちのお庭の川に面した場所で、写っている人たちはみんなこのおうちのお客さんです。

http://www.dittoncorner.com

バンプスの公式ページは↓こちらです。

http://www.cucbc.org

パーティのあったお家は広いお庭がケム川に面していて、バンプスを見るのに絶好のポイント。毎年たくさんのお客さんがいらっしゃるようです。

ボートをこぐのは男子も女子も超体育会系の筋肉ムキムキのお兄さん、お姉さんなのですが、こちらの家の庭には優雅にバンプスを見物しながらガーデンパーティを楽しむマダムが沢山いらっしゃって、そんな人たちの様子を見て楽しんできました。

マダム2

マダム1

お帽子が素敵です。


バンプス2

優雅にバンプス見物です。

このおうちの方は私たちを連れて行ってくれたお友達と同じ会社の方なんだそうですが、「色々な意味で幸せ」な人だそうで、こんなに沢山の人をおうちに招待して、飲み物や軽い食事も用意されていて、こういう人もいるのね〜と感心して帰ってきました。


|2007.06.18 Monday|ケンブリッジからcomments(5)trackbacks(0)|by nao

帰り支度

日に日に迫ってくる帰国に向けて「帰り支度」という目を背けたい現実が私にプレッシャーをかけてきます。

引越し業者に連絡をしたり、要らないものを人に譲る為、リストを作ったり、買ってくれたりもらってくれたりする人を探したり、テレビやインターネット、電気などの解約手続きなど、色々やらないといけないことがありそうなんだけど、なかなか手が付けられない。

困ったものです。

|2007.06.16 Saturday|ケンブリッジからcomments(9)trackbacks(0)|by nao

工事中

最近、ご近所のキャベンディッシュラボラトリ辺りが工事中。工事中のため中に入れず、いつも遊びに行っていた池にカモに会いに行くことも出来なくなってしまった。

なんでもこの辺りに新しい研究所が建つらしい。

朝早くからドドドと重機が働く音が聞こえる。
大きなトラックやブルドーザみたいなのが行き来してちょっと怖い。
ホコリも出るので、アレルギーを持ったお子さんは大変らしい。

何かを作る為には犠牲になるものがいっぱいあるのはわかるけど、私が今住んでいるフラットだってこれが出来るまでは野原か何かでたくさんの小動物の住処だったに違いなくて、

せっかくこの近くでハリネズミを目撃したって友達に教えてもらったばかりなのに。

彼らの住処はまだ無事だろうか?

|2007.06.15 Friday|ケンブリッジからcomments(0)trackbacks(0)|by nao

今日の予定

午前はエマニエルカレッジ探検。夜はチャーチルでフォーマルディナー。
楽しんできま〜す。
|2007.06.12 Tuesday|ケンブリッジからcomments(2)trackbacks(0)|by nao

ケンブリッジに夏が来た

今週前半は雨降りが続き、「お〜寒!」と思っていたら、一昨日から良いお天気続き。
天気になると急に暑くなる。
日陰に居ると風が気持ちよいのだが日向に出ると突き刺さるような太陽光線。
ジーパンはいているにもかかわらず暑いというか痛いし、あまりのまぶしさに頭クラクラするほど。

公園

暑い中、ドライブ。
エアコン無しの車。
暑いな〜。窓を開けて走ると入ってくる風が気持ちよい。

ラベンダー

外を眺めているとふわふわのワンピースの女の子。あ〜、かわいい。私もあんなの着たいな。

外国人さんカップルが手をつないで歩いている。
こちらもおあついようで。

いやいや、日本人だってケンブリッジにいるカップルはなかなか仲良しさんばかり。厳しい冬とウキウキするような春。ケンブリッジの四季がそうさせるのかな。

ベンチ

こちらは、ふわふわ雪のように綿毛が漂う公園。まるでおとぎ話の中に迷い込んだ様。どこかにfairyが飛んでいるのではないかと思うような。いいえ、きっと目には見えないけど、本当にその辺りを飛んでいるんです。
そんな様子を撮りたかったのに上手く撮れず…

からりと晴れた空。冬の間はお化けのような枝をむき出しにしていた木々にも葉がおおい茂り木陰を提供してくれる。
春先から次々と色々な種類の花が咲き、今はバラが満開。

ピンクのバラ
ツル性のピンクのバラ。素朴な感じで可愛らしい。

黄色いバラ
ゴージャスな黄色いバラ。

ケンブリッジで過ごす最初で最後の夏。ウキウキ気分で突入です。

|2007.06.03 Sunday|ケンブリッジからcomments(4)trackbacks(0)|by nao

ポピーの花

今日はまた、久しぶりにパパとお出掛けをした。
午後から用事があったので慌しくだったけど、歩いてシティセンターまで行ってきた。

家で家族一緒にいる時間はたくさんあるけど、夫婦で外を歩きながら話す時間ということはなんだか有意義な気がする。
とはいっても話題の中心はいつも二人の子供なのだが。

歩いていると、道端に咲いている花が随分変ってきたことに気がつく。
そういえば、雨降り続きで、また何かと用事が重なり忙しくしていたので、車での移動が多くなっていた。
そう考えてみると、散歩したのなんてもう数週間ぶりかも知れない。

赤いポピー

ひときわ目立つ赤いポピー。
いつの間にかあちらこちらに咲いている。

毎年、ポピーを見るとしゅんがおなかの中にいた時のことを思い出す。
しゅんが生まれる直前、近所に住んでいた可愛らしい子供達とポピー園にお花摘みに行った。

白、オレンジ、ピンク、黄色。色とりどりの、ふんわりとした質感の花びらが印象的だった。
大きなおなかを抱えながら、とても幸せな気持ちだったことを覚えている。


もうすぐあえるね。


ポピー
しゅんの6回目の誕生日はもうすぐ。
今年もやっぱりポピーの花が教えてくれた。



もうすぐ、しゅんくんの、誕生日だよ。

|2007.05.22 Tuesday|ケンブリッジからcomments(4)trackbacks(0)|by nao

バルーンアート

もうすぐしゅんのお誕生日会。

日本ではお誕生日会と言っても家に子供が寄って何かご飯を食べさせて後は勝手に遊ばせておくというイメージがあるような(私が子供の頃のイメージなので、今はどうなのかは分かりませんが)気がするのですが、イギリスでは家で誕生日会をする場合、ゲームか何か、親が出し物を考えて子供達を楽しませなくてはならないというか、そういうもんなんだそうです。

家は日本人だから日本式で〜子供達で勝手にワイワイやってもらいましょ〜と思っていましたが、子供はワクワクしながら今日は何があるのかな?って来るらしいので、やっぱり一つくらいネタを仕込んでおかないといけないらしいです。

悩んでいたところにちょうど友達が良いネタを提供してくれました。

バルーンアート

あの細長〜い風船を膨らませて、犬やらナンやらを作るやつです。

日本ではダイソーで、ポンプ100円、風船(結構たくさん入っていて)100円で売っているのですね〜。
素晴らしい。

風船を分けてもらってポンプも借りて来ました。

だけなら私も作れます。子供達に犬を作らせましょう☆
それに飽きたら折り紙。

食事はピザか何かにして子供達にトッピングしてもらうの。そうそう、サラダも自分達で作ってもらいましょう。

もちろんケーキの飾りつけは子供達にお願いしちゃいますよ〜☆

こんな風に子供達自身に何かをさせるのが好きな私なのでした〜

あ、でもバルーンアート、もっと何か作って〜といわれたらどうしよう。
少し勉強しておいたほうがいいかしら?やっぱり。
良いネタがあったら教えて下さい。



|2007.05.17 Thursday|ケンブリッジからcomments(5)trackbacks(0)|by nao
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ